家族の葬式

葬儀費用の傾向について

近年の日本では、葬儀の費用を節約するという動きが強まる傾向にあります。家族・親戚・友人知人など、故人やその家族と関わりのある多くの方が参列する形式は一般葬と呼ばれる日本の代表的な葬儀スタイルですが、この一般葬は葬儀費用が高くつくこともあります。葬儀の費用は、棺や祭壇など個々のランクによって変動する部分もありますが、参列者の人数によっても大きく左右されるからです。葬儀各社ではそれぞれお得な料金プランを設定したりしていますが、中でも家族葬や密葬といった小規模での葬儀プランは格安で実施が可能となっています。たとえば、家族葬の場合、15〜20万円でも葬儀を可能とする葬儀社も少なくはありません。こうした葬儀費用の低価格傾向は今後も続くとみられていて、葬儀各社の価格競争は強まると予想されています。

家族葬の特徴について

格安で行える葬儀の代表例として知られている家族葬ですが、もともとはある葬儀社が持ち出したネーミングでした。それが今や全国に広がり、小規模葬を指す言葉としても広く使用されています。 家族葬で言うところの家族に厳密な定義はなく、故人のきょうだいなど近い親戚が同席する例も少なくありません。もともとは人付き合いのない方や親戚の少ない方がひっそりとした葬儀を行うためのものでしたが、近年では経済的理由などから積極的に利用する方が増えています。時代とともに家族葬そのもののとらえ方が変化しているというわけです。もちろん、経済面以外でも家族葬にはメリットがあります。参列者の応対をしなくてよいので、故人をしのぶ時間をゆっくりと持てるという点です。遺族の肉体的・精神的負担が軽減されるのも大きな特徴です。